結婚指輪の意味とは?特徴や選び方などのよくある疑問解決をわかりやすく紹介

当サイトでは結婚指輪の意味はどのようなものなのか、特徴や選び方などのよくある疑問の解決をわかりやすくご紹介しています。
理想のマリッジリングに出会うためにはどうしたら良いかも解説しています。
指輪に拘りがある人にもきっと参考になるはずです。
さらにオリジナルのマリッジリングを作ることはできるのか、という質問にもお答えしています。
これから新生活に向けてカップルが揃いで着ける指輪を購入したいと考えている人におすすめです。

結婚指輪の意味とは?特徴や選び方などのよくある疑問解決をわかりやすく紹介

結婚指輪を購入したいけれど選び方に疑問がある、という人は多いのではないでしょうか。
結婚指輪を選ぶときにはまず情報収集して、自分たちの好みに合うデザインの傾向を見つけるのがおすすめです。
また予算を考えておき、希望の価格で購入できるものを絞り込んでいきます。
実際に購入する時には、出来るだけ試着をしてサイズや着け心地を確かめるのがお勧めです。
ショップに出向くか、通販でも試着可能なお店を利用すると安心です。

結婚指輪と婚約指輪の具体的な違いとは?

婚約指輪は結婚の約束を交わした証として男性から女性に贈るものであり、結婚指輪は結婚の印に2人で用意するものとなります。
価格相場やデザインなどの具体的な違いはいくつかありますが、婚約指輪に多いのはダイヤモンドをあしらったタイプで、ダイヤモンドの輝きが引き立つ一粒ダイヤを爪で留めるソリティアリングが定番となっており、結婚指輪はシンプルで着け心地の良いものや肌馴染みが良いもの選ぶ傾向があり、男性でも抵抗なく着けられるストレートラインが人気を集めています。
一般的にどちらの指輪も裏側に刻印を入れることが多く、指輪のショップやデザインによっても違いはありますが、日付やイニシャルはもちろん自分達の好きな言葉を入れることもできます。
どちらの指輪もダイヤモンドが主流ですが、結婚指輪の場合では日常的に身につけることが多いことから宝石を控えめにする人も多く、シンプルさを重視して宝石を飾らない人や、あえてリングの裏側にセッティングする人もいるくらいです。

結婚指輪をマリッジリングと呼ぶ理由とは?

婚約指輪はエンゲージリングと言いますが結婚指輪と言えば何でしょうか。
多くの方は「マリッジリング」と答えるかもしれません。
確かにそれも正解ですが、正式にはウェディングリングです。
これは英語で使われている場合ですが、マリッジリングは和製英語でもあり、日本で使われている婚礼であったり夫婦関係というのがマリッジの意味あいですのでそれでも間違いではありません。
英語圏ではウェディングという言葉に強い感情も含まれていますので、マリッジリングとは言わずにウェディングリングと言われていることが多いです。
結婚指輪の事を和製英語でマリッジリングと言っているというのが理由ではありますが、どちらでも間違いではありませんし問題はないでしょう。
どちらにしてもシンプルでありながら個性も少し入っているようなデザインの物が人気ですが、長く使う事を考えて選んでいくのがお勧めです。
口コミ評判なども参考にして選んでいくと良いです。

永遠の愛を象徴する結婚指輪の魅力

結婚指輪は結婚式の中で永遠の愛を誓ったあとに交換をするという流れがあり、そこで登場します。
お互いに指輪をはめることになりますが、そこで永遠の愛を確かめるということになります。
そういったこともありますので、結婚の象徴的なものになるでしょう。
出来れば必要ない時以外は着けていたいというのが結婚指輪ですし、結婚をしているという証でもあります。
デザイン的にはシンプルなものが好まれますし、どんなファッションにも合わせやすく邪魔にならないような物が人気です。
それでいて個性を少し主張していきたいのであれば、セミオーダーやフルオーダーの利用をするのがお勧めです。
既製品でも十分お洒落ですし、婚約指輪とセットで購入すれば重ね付けしやすい物も有りますので良いでしょう。
基本的に結婚指輪は夫婦で決めることが多いですが、婚約指輪とセットの場合はプロポーズの時にもイミテーションを渡して婚約指輪も一緒に選ぶパターンもあります。

結婚式で結婚指輪を交換する意味とは?

結婚式に参加したことがある方はご存知かと思いますが、式の終盤で結婚指輪の交換が行われます。
これが意味することは何かというと、神父の前で永遠の愛を誓うわけで、その証としての交換です。
お互いにその証として指輪をはめあうというのが一連の流れで、それは日本にも伝わってきています。
結婚指輪はそういった意味もありますので、結婚したのであれば出来ればつけておきたいものですが職業柄であったり、そもそもアクセサリーが苦手という方もいますのでつけていない方もいるでしょう。
それでも一昔前よりも男性の着用率はあがっていますし、お洒落で有りながら邪魔にならないようなデザインというのも沢山出てきていますので要チェックです。
また必ずしも夫婦でペアのデザインでなければならないという決まりはありませんので、お互い好みのデザインの物を選ぶというのも一つの選択肢ですし問題はありません。
大事なことは二人の気持ちという事になるでしょう。

結婚指輪に指紋刻印をすることは可能?

結婚指輪に隠し石を入れたり、二人の名前やメッセージを刻印をするというのは前々からあります。
しかし今注目されているのが、お互いの指紋を入れるものです。
指紋?と思うかもしれませんが、それこそオリジナリティーということになりますし、完全に世界に一つだけの結婚指輪という事になるでしょう。
それが出来るかできないかというのは、ショップによって異なりますので事前に確認をしておくと良いです。
また刻印の専門店というのもありますので、例えばブランドショップで購入した後にそういったところで相談をするのもお勧めです。
二人の指紋を入れた時に、合わせるとハート型になるようなデザインで入れてもらうことも出来ます。
非常にお洒落ですし、見えない裏側の部分であるからこそさらに特別感があるという事で好評です。
基本的にはレーザーで入れることになりますが、細すぎる指輪ですと入らない事も有りますし、どちらにしてもまずは相談からです。

金属アレルギーでも結婚指輪は付けられる?

酷い金属アレルギーを持っている場合、折角の結婚指輪を付けることができなくて辛いと感じることがあるでしょう。
あまりにも敏感な人だと少し触れるだけでもその箇所がかぶれたりしてしまうので、できれば金属類を使用したいくないとすることは当然のことかもしれません。
しかし、重度の金属アレルギーだからといって全く結婚指輪をはめることができないというわけでは無く、使用されている素材によっては安心して使えるので安心してください。
例えば、チタン・タンタル・ジルコニウムを使っている指輪であれば爛れたりする心配がありませんし、痒みを引き起こすこともないので安心して使うことができます。
それと、値段の安さを重要視しているのであれば、比較的安い素材として知られているステンレスにすることをおすすめします。
意外と安っぽい印象にならずに素敵な見た目をしている結婚指輪が多いので、相手にも喜ばれて満足させることができると好評になっています。

結婚指輪のお手入れにはどんな方法がある?

結婚指輪というと、指にはめている時間が長いことから、汚れが気になったりお手入れ方法が知りたくなるのではないでしょうか。
使用されている宝石や貴金属は簡単に劣化しないので、基本的には清潔な柔らかい布で乾拭きをすれば十分です。
皮脂や油汚れが気になる場合は、台所用の中性洗剤を薄めた水溶液を使い、布や使い古しの歯ブラシなどで綺麗にすることができます。
結婚指輪は購入時にお手入れ方法を教えてもらえますが、忘れたり分からない場合は販売店に問い合わせることをおすすめします。
中性以外の洗剤を使用したり、洗剤を水で洗い流さないままだと変質する恐れがあるので、必ず使用するものを確認したりしっかりすすぐことが大事です。
くすみや小キズは研磨することで輝きが戻りますが、やり方を間違えると余計に目立ちますから、自信がなければ販売店に結婚指輪を持ち込んで相談するのが正解です。
自信があったり自分で綺麗にしたい場合は、市販のジュエリー用の研磨剤を含む布を用いて、結婚指輪を拭き上げれば綺麗になるのではないでしょうか。

結婚指輪の保証書は再発行できる?

どんな保証書でもそうですが、必ずしも再発行をしてもらえるとは限りません。
結婚指輪に関しても基本的には出来ないことが多いです。
もし保証期間内にサイズ調整であったり、修理が可能という事でうたわれている場合は、内容的に無償であったとしても有償でということになります。
結婚指輪の場合は1度だけサイズ直しが出来るという事が多いですが、それも有償でという事になるでしょう。
どちらにしても基本的には再発行をしてもらえないと考えて、無くさないようにするのが重要な事です。
場合によっては再発行して貰う事が出来るお店も有るかもしれませんので、一応念のため紛失してしまった時には相談をしてみる事も良いでしょう。
その上で駄目だったという事であれば諦めるしかありませんが、お店によってはデータを持っていて、それが証明出来れば再発行して貰う事が出来る場合もありますので念のための相談と考えると良いです。
結婚指輪の場合はサイズ直しをしてもらいたいという依頼が多いです。

細身デザインの結婚指輪はどれくらいの強度がある?

基本的にはシンプルなデザインで作ることが多い結婚指輪ですし、女性用の場合は細身デザインというのも多いです。
強度はどれぐらいかというとあまり具体的に言うことは難しいですが、つり革を掴んだり重たい荷物を持ってもそこまで変形することがないというのが具体例です。
これがシルバーであったりすると、ある程度軟らかかったりして変形することもありますし、それはゴールドでも同様です。
プラチナは一番丈夫と言われていますし、強度が高いという事で結婚指輪でも選ばれている一番多い素材と言えるでしょう。
デザインをこだわりたいという事であれば、オーダーメイドで注文するのもありですし、完全オリジナルにするのであればフルオーダーというのも選択肢にあげられます。
様々な目的で選んでいく事が出来ますし、口コミ評判なども参考にして選んでいくと良いです。
強さの事を考えるのであれば、少し太さも意識して選んでいくと良いですし、細すぎると確かに弱くなります。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の意味

当サイトでは結婚指輪の意味はどのようなものなのか、特徴や選び方などのよくある疑問の解決をわかりやすくご紹介しています。理想のマリッジリングに出会うためにはどうしたら良いかも解説しています。指輪に拘りがある人にもきっと参考になるはずです。さらにオリジナルのマリッジリングを作ることはできるのか、という質問にもお答えしています。これから新生活に向けてカップルが揃いで着ける指輪を購入したいと考えている人におすすめです。

Search